お葬式

変わりゆく時代の中であっても変わらない心で多摩市の葬式

葬式の喪主は誰が務める?

葬式を執り行う場合には喪主が必要になります。
喪主は葬儀を行なう際の主催者のような役割で、親族代表として挨拶を行なったり、弔問を受けることが主な役目と言えます。
葬儀を行なう際には誰が喪主を務めるのか決めなくてはなりませんが、喪主となる人は故人の近縁者である場合が多く、故人に妻や夫がいる場合にはどちらかが務めることが一般的です。
故人に妻や夫がいない場合には家族である長男や長女が務めることとなります。
しかし喪主は必ずしも長男や長女が務めなくてはならないという明確な決まりはなく、生前により故人の近くにいた人間や、家族がいない場合には親戚などが喪主を務めることもあります。
喪主は忙しく大変なイメージですがすべてをひとりでこなすということはなく、親族や葬儀会社などに依頼することで役割を分担させることができます。
そして喪主と同じような立場の人間として施主がいます、
施主は葬式で金銭面に関する役割を担う人のことを言いますが、コミュニティが縮小し核家族化が進んでいる現代では葬式の規模も小さくなりつつあるため、喪主と施主は同じ人間が務めるケースも多くなっています。
ただし高齢化社会である日本においては喪主が高齢になっているケースもあり、そのような際には喪主と施主を分ける場合もあります。

オススメ記事

生前予約で割引を受ける

子供達にお葬式の費用の部分で迷惑をかけたくないが、自分では全ての金額を用意する事ができないと言う場合もあります。この場合は生前予約をして割引を受けるようにしましょう。そうする事によって自分で全て…

お葬式に参列する時の女性のアクセサリー

お葬式に参列する時には、やはり失礼の無いように気を付けたいものです。特に女性の場合のアクセサリーについては、しっかりと気を配っておきましょう。勿論家から喪服を着ていく時は心配りしているでしょうが…

葬式の喪主は誰が務める?

葬式を執り行う場合には喪主が必要になります。喪主は葬儀を行なう際の主催者のような役割で、親族代表として挨拶を行なったり、弔問を受けることが主な役目と言えます。葬儀を行なう際には誰…

葬式は決めることが多い

葬式は、故人のお別れ会です。亡くなってすぐに準備を始めていかないと準備が間に合わないために、悲しみに浸って泣いてばかりはいられません。まず、最初に葬儀社を決めます。もし、候補がなければ病…

このページのトップへ