お葬式

変わりゆく時代の中であっても変わらない心で多摩市の葬式

お葬式に参列する時の女性のアクセサリー

お葬式に参列する時には、やはり失礼の無いように気を付けたいものです。特に女性の場合のアクセサリーについては、しっかりと気を配っておきましょう。勿論家から喪服を着ていく時は心配りしているでしょうが、職場から駆け付ける等と言う時には気を付けたいものですね。

女性のアクセサリーは喪服の場合、和装ならば結婚指輪だけとされています。他のアクセサリーは勿論、全て外しましょう。さて洋装の場合ですが、真珠の首飾りが正式のドレスコードとされています。黒の喪服に真珠の首飾りで、女性の不祝儀の正装と言う事です。ただし日本の場合、こういった場所ではあえて飾り物はつけないと言った、昔からの風潮もあります。
アクセサリーを付ける場合、ネックレスは小粒の真珠で白やグレーなどが無難です。また必ず一連のものにします。二連の物は、不幸が重なると言う事で弔事では厳禁ですので、気を付けましょう。イヤリングはネックレスとセットになったものならば無難です。

成人女性の場合、この真珠のネックレスとイヤリングのセットがあれば、祝儀にも不祝儀にも使用できますので、1セット用意しておくといいでしょう。真珠は涙を象徴しますので、不祝儀には悲しみの涙を、祝儀には喜びの涙を表してくれます。

オススメ記事

生前予約で割引を受ける

子供達にお葬式の費用の部分で迷惑をかけたくないが、自分では全ての金額を用意する事ができないと言う場合もあります。この場合は生前予約をして割引を受けるようにしましょう。そうする事によって自分で全て…

お葬式に参列する時の女性のアクセサリー

お葬式に参列する時には、やはり失礼の無いように気を付けたいものです。特に女性の場合のアクセサリーについては、しっかりと気を配っておきましょう。勿論家から喪服を着ていく時は心配りしているでしょうが…

葬式の喪主は誰が務める?

葬式を執り行う場合には喪主が必要になります。喪主は葬儀を行なう際の主催者のような役割で、親族代表として挨拶を行なったり、弔問を受けることが主な役目と言えます。葬儀を行なう際には誰…

葬式は決めることが多い

葬式は、故人のお別れ会です。亡くなってすぐに準備を始めていかないと準備が間に合わないために、悲しみに浸って泣いてばかりはいられません。まず、最初に葬儀社を決めます。もし、候補がなければ病…

このページのトップへ