お葬式

変わりゆく時代の中であっても変わらない心で多摩市の葬式

多摩市では家族葬でのお別れが一般的

お墓

東京のベッドタウンまたニュータウンとして団地が多いエリアが多摩市であり、ここにマイホームを構えて暮らす家族は少なくありません。とはいえ親が高齢化してやがては老衰そして病気などを発症して死という現実に直面することがあります。それは家族にとって耐えがたい苦痛となりますが、葬式を行わなければならず、役所への届け出や親族への連絡その他関係するいろいろなことを慌ててしなければなりません。そんな時に、より忙しくなってしまう大きな葬式を計画するよりも、シンプルにそしてそれほど慌ただしく動かずにお別れをすることができる家族葬が多摩市では一般的になってきています。
家族葬は葬儀屋と相談しながら火葬までどのような段取り、そしてどのようにお別れをするのか、棺やお花その他関係することを決めていくことになります。できるだけシンプルにということであればかなり安い費用ですべてを終えることができます。そして火葬の時には斎場でのスタッフにお心づけをすることがマナーの1つとなっているかもしれません。いずれにしても多摩市の家族葬式はシンプルさが好まれるようになっており、費用を節約できること、家族だけでゆっくりとお別れができることがメリットです。

お葬式にかかる費用について

多摩市にはいくつかの葬儀社があります。そのため、多摩市でお葬式をする場合にも、どの葬儀社を選ぶかによってかかる費用に多少の差はでてくるものです。ですが、多摩市に限らずお葬式の費用には相場があります。人生で自分がお葬式を取り仕切る機会というのはそう何度もあるものではないので、実際にお葬式を行う場合にはどれぐらいの費用がかかるものかのか実は知らないという方も多いのではないでしょうか。お葬式にかかる費用の種類は大きく分けて3種類あります。
まず1つは葬儀プランと呼ばれる人件費や物品にかかる費用です。お葬式にかかる費用の中でももっともお金がかかるのがこれで、全国的な平均はおよそ121万円だと言われています。次にお葬式やお通夜の際に振る舞う料理やお酒などの飲食にかかる費用です。これはお葬式によぶ人の人数によってかかる費用に大きく違いが出てきますが、平均すると30万円ほどのようです。ですがこれはあくまで平均ですので上記したとおり余分人数やお葬式の規模によって変わってくるので注意が必要です。そして最後に忘れてはならないのがお布施です。お僧侶にお願いする読経や戒名授与などはお葬式に欠かせないので必ず必要になってくるもので、これは平均47万円ほどだと言われています。

最近のお葬式

最近、「終活」という言葉が、よくメディアで取り上げられています。誰しもが100%、遭遇する未来であり、シニア世代だけでなく、まだまだ元気な還暦の世代や、もっと若い人でさえ、終活に関心をよせているようです。
多摩市においても例外ではなく、自分の人生の終わり方を考えたとき、身内や家族友人だけでの、こじんまりとした家族葬が人気のようです。
普段は遠方に暮らしていて、なかなか多摩市までは帰ってこれない子世帯や孫世帯、年賀状ぐらいでしか会えない親戚や友人と一緒に、小さいけれどもあたたかみのあるお葬式を執り行いたいと思う人が多いようです。
多摩市の小さな家族葬においては、全国の葬式代の平均よりも費用が抑えられている点も魅力なのかもしれません。お葬式をするといえば、お墓やご住職にはらうお金とは別に、百万以上することも珍しくありません。子世帯や孫世帯や親戚も、華やかなお葬式には、それなりのお花をお供えしなければならないでしょう。それらも含めて、費用を抑えられる点が、小さな家族葬が人気の理由なのです。
多摩市に見られるような、最近のお葬式の傾向も踏まえた上で、今一度、自分の人生の終わり方を考える機会も必要なのではないでしょうか。

オススメ記事

生前予約で割引を受ける

子供達にお葬式の費用の部分で迷惑をかけたくないが、自分では全ての金額を用意する事ができないと言う場合もあります。この場合は生前予約をして割引を受けるようにしましょう。そうする事によって自分で全て…

お葬式に参列する時の女性のアクセサリー

お葬式に参列する時には、やはり失礼の無いように気を付けたいものです。特に女性の場合のアクセサリーについては、しっかりと気を配っておきましょう。勿論家から喪服を着ていく時は心配りしているでしょうが…

葬式の喪主は誰が務める?

葬式を執り行う場合には喪主が必要になります。喪主は葬儀を行なう際の主催者のような役割で、親族代表として挨拶を行なったり、弔問を受けることが主な役目と言えます。葬儀を行なう際には誰…

葬式は決めることが多い

葬式は、故人のお別れ会です。亡くなってすぐに準備を始めていかないと準備が間に合わないために、悲しみに浸って泣いてばかりはいられません。まず、最初に葬儀社を決めます。もし、候補がなければ病…

このページのトップへ